モゲチェック

モゲチェック 無料診断

モゲチェック


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク


モゲチェック 無料診断

 モゲチェック 無料診断

 

住宅ローン借換コンサル「モゲチェック・プラザ」の電話フリー見立てを受けてみた結果と感想整理 

 

利率1%越えの人には良い面有りかも!

 

生涯の中でも、とどのつまり最上大きな固定費は家賃、住宅ローンです。

 

今の時代は、利息が一段と低い金融機構に移行する事で必要になる

 

利率と経費を押し止める住宅ローン借換が流行っているそうです。

 

ぼくも我が家マンションの貸付金を借換して利息を下げる事ができないかと思って、

 

採り上げるのは「モゲチェック・プラザ」の電話フリー所見を受けてみました。

 

採り上げるのは、その所見結果と、モゲチェック・プラザの電話フリー見立ての感想を整理してみました。

 

タイトルにも書いていますが、住宅ローンの利率が1%を越えるような人は、

 

借換の良い面がありそうです。

 

見立てだけならフリーで、電話だけで完結!

 

さてこのサービス、住宅ローンの所見だけであれば、フリーで応対してくれます。

 

前もってに電話所見の日にちを申し込んでおけば、その日時に電話がきて、デフォルト見立て可能なという流れです。

 

 (平日18時以降や、土日もOK。)電話だけで所見可能なので、お店への訪問は要らない。

 

日本全国どこからでも使用できるです。

 

さきに結論を言ってしまうと、採り上げるのぼくも住宅ローンの借換を見立てしてもらいましたが、

 

実のところには借換をする必須がない(良い面がない)という事になり、フリー所見だけで完結しました。

 

住宅ローンの借換をする事で長所があるか如何にかは人各々、クレジット状況次第です。

 

借入額が少ない人や、すでに利率が十分低いクレジットを組めている人などの時、

 

借換をする良いところがないという見立て結果が出る時もあります。

 

所見申請から教授書をもらうまでの流れ見立て申請から電話見立て、

 

しかも助言書をもらうまでの手間なくな流れはこんな感じです。

 

Webページから電話見立ての日時を予約

 

予約した日時に電話がかかってくる

 

質問に解答ながら自身の住宅ローンの情報などを伝える

 

一時的に電話を切って、10分〜15分後くらいに所見結果と教授書がメールで送られてくる

 

また電話がかかってくるので、教授書を見ながら話し合い(借換をしない時は、ここで終了) 

 

最初にWebページから、自身の都合に合う日時を予約します。

 

見立て時に前もってに準備しておく中身

 

電話越しに質問に解答しながら以下の中身を返答していく事になるので、

 

前もってに以下の情報を手元に下拵えしておくといいでしょう。

 

住宅ローンの情報 (最初融資額、残高、償還期間、利息など)

 

現時点での職業や年齢など財産状況など 住宅ローンの借換は、その名の通り新しくクレジットを組み直して

 

借り換える事になるので、金融機構の査定が必須になります。

 

それにより、直近での職業や年齢、財産状況などの自らの情報も

 

共に提示をしてあげる必須があるのですね。

 

これらの情報を提示し終わったら、助言書をつくってメールで送付してくれます。

 

助言書が来たのは電話所見終了からたったの10分後。

 

手軽にな見立てとはいえ、すごいスピード感。

 

電話フリー見立ての結果は…

 

という事で、採り上げるののぼくの見立て結果は…借換をしないほうが良い! 

 

という結果になりました。

 

借換によって、利率は0.725%→0.625%に下がる計算です。

 

ここで教授されている利息は、ぼくが査定に通るか如何にかも含めて、金融機構を選定してもらったものになるそうです。

 

「借換をしない方が良い」という見立て結果になった訳そもそも、ぼくが現時点で組んでいる

 

住宅ローンの利息が0.725%と、すでにかなり低い水準の利率であるという点が問題でした。

 

住宅ローンの借換には、一時出費が大きくかかります。

 

金融機構の事務手数料

 

抵当権改変の諸総額印紙税媒介手数料 

 

(モゲチェックプラザのコンサル費) 

 

この大きな一時出費よりも、利息を下げた事に対する省コスト化分が大きくない限り、

 

住宅ローンの借換をしても無意味、だという事ですね。

 

ぼくの事例、借換を行っても下げられる利率の奥行きが小さいため、節減可能な費用も小さくなります。

 

そうなると、一時総額のほうが上回ってしまうという、節減どころかまったく逆影響の結果に。

 

借換をすると、驚いたことに77万円のマイナスになるとの所見結果でした!?

 

「借換で省コスト化可能な値段」が「一時経費」より大きくないと損

 

強引な借換のベストチョイスなどもなく、好フィーリング担当の方いわく、

 

「すでにかなりの低利率のクレジットを組めているので、貸し出しはこのまま継続して、借換よりも

 

繰り上げ返金をした方が良いと考えます」との事でした。

 

いや、おっしゃるとおりで。

 

こうした見立てやアドバイザーだと、グイグイと借換をベストチョイスされるかと

 

思っていましたが、強引なところもなく、割と好感触でした。

 

ぼく自分も、借換ではなく繰り上げ償還をする方向に転換しようかなと、思案するキッカケにもなりましたしね。

 

利息が1〜2%の住宅ローンを抱えている人には良いところありという事は、借換によって大きく利率が小さくなり、

 

借換の省コスト化分が大きくなる人にとっては大きな長所になります。

 

2016年頃のマイナス利率以来、住宅ローンの利息もかなり低い水準にとどまっています。

 

という事は、それ以前の頃合に貸付金を組んだ人や、なんらかの事情で1%〜2%を越える利息で

 

住宅ローンを組んでしまった人などは、現時点でのデフォルト的な利息に借り換えるだけで

 

大きな長所が得られるはずです。

 

話を伺ってみたところ、結局実のところに借換を行う活用者も、

 

そうした利息差での節減額が大きくなる人が主になるようです。

 

使用者の平均節減額は480万円との事。

 

クレジットの借入額も極端に高いわけではなく、2300万円程度でも500万近くの節減ができているあたり、

 

とどのつまり肝心になるのは高い利息の貸付金を組んでいるか如何にか、にかかってくるようですね。

 

クレジットの利率が1%を越えているなら、参考にしてみる値打ちアリ

 

整理:「モゲチェック・プラザ」はこんな人に向いている!

 

という事で、このモゲチェック・プラザのサービスは、こんな人に向いていると考慮できます。

 

組んでいるクレジットの利率が高い人

 

どこかに要因で貸付金の名義を変更したい人 

 

(離婚など)借換をやりたいが、申込み手順が厄介で誰かに代理してくれ人 

 

仮に心当たりがあれば、電話フリー見立てを受けてみるありがたみだと考えます。

 

折衝だけなら、無料ですからね。

 

「モゲチェック・プラザ」の電話フリー見立て 

 

モゲチェック・プラザモゲチェックプラザは、

 

住宅ローンの借換(再考)を助言、申込み手順を代理してくれる住宅ローンのコンサルティングサービスです。

 

借換先の金融組織の解説だけでなく、住宅ローンの借換の申込み手順までを

 

一括して代理してくれるというのが特色ですね。

 

住宅ローンの借換の申込み手順を個人でやろうとすると考えのほか大変で、

 

相当個人ですべてやろうとするとかなりの労力になってしまいます。

 

金融機構の選定から申込み手順まで、ワンストップで代理してくれるのはありがたい限り。

 

公式サイト⇒モゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ


モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR

ホーム RSS購読 サイトマップ