モゲチェック

モゲチェックプラス

モゲチェック


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク


モゲチェックプラス

モゲチェックプラス

 

MFS、個人の信用スコア分析技術と不動産情報を協力させた

 

住宅ローンプラットフォーム構想「モゲチェックPLUS」を製作・展開!

 

〜不動産法人と提携し、18年7月に用意開始住宅ローンのローンが技術によってパフォーマンス的に〜

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを用意する株式会社MFS

 

(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO中山田 明、以下「MFS」)は、

 

本日住宅ローン借り換えツール「モゲチェック」をリニューアルし、個人の信用スコアを分析して

 

全国140金融組織の融資確率を推定する働きを付け足ししました。

 

そして、不動産法人と提携し、融資確率の推定パフォーマンスを実装したモゲ参考にと

 

不動産情報を協力させる事でオンライン上で最適な住宅ローンが選べる住宅ローンプラットフォーム

 

「モゲチェックPLUS」(モゲチェックプラス)を製作予定です。

 

そのプラットフォーム製作のための戦略的パートナーとして、本日ケイアイスター不動産株式会社

 

(本社:埼玉県本庄市、代表取締役 塙圭二、以下「ケイアイスター不動産」)と業務提携しました。

 

本提携により、ケイアイスター不動産の物件調達ユーザーに反対にモゲチェックPLUSのサービスを

 

2018年7月から開始する予定です。

 

融資確率の推定パフォーマンスについて 

 

金融組織にエントリーする前に住宅ローンローンの一般的な前提が想定可能な、

 

ユーザーの信用力を客観的に測るスタンダード(信用スコア)「モゲスコア」を

 

2017年1月に製作しました。

 

このたび、この働きを更に進歩させて全国140金融機構の融資確率を個別に推定可能な

 

性能をモゲチェックに本日付け足ししました。

 

これにより、ユーザーは査定に通る見込みが高い金融組織から借入前提がよい

 

貸し出しを選択する事ができるとなります。

 

住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」について

 

近頃、利率競争によって住宅ローンの採算性が低下し、住宅ローン提供から

 

撤退する巨大資本金融組織も出てくるなど、住宅ローン提供のパフォーマンス化が

 

金融機構の経営問題となっています。

 

そして、ホーム買い物予定者の中には、オンラインで住宅ローンが手っ取り早くに対比可能な

 

ため、不動産法人が斡旋する貸付金ではなく幅広く住宅ローンを対比した上でベストなものを

 

選択したいと思案する方も増大しつつあります。

 

こうした環境移り変わりの中、MFSはオンライン上で住宅ローンの選択、申請及び融資後の

 

アフターバックアップが受けられるプラットフォーム「モゲチェックPLUS」を製作する事にしました。

 

このモゲチェックPLUSでは、ユーザー情報に加えて不動産法人が保有する物件情報を

 

データ連動させる事を予定しており、住宅ローン申請のオンライン完結を目指します。

 

しかも、ユーザー・金融組織・不動産企業の3者がwin-winの結びつきとなるよう、

 

実際までにない以下良い面を供給する事を目指します。

 

公式サイト⇒公式サイト⇒モゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ


モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR

ホーム RSS購読 サイトマップ