モゲチェック

モゲチェック クーポン

モゲチェック


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク


モゲチェック クーポン

モゲチェック クーポン

 

住宅ローン選択しの質問と心もとないを解決!

 

イベント・お渡ししたいもの情報

 

銀行各社では住宅ローン契約者向けに、イベントやお渡ししたいものを実施している事があります。

 

期間限定の利息優遇や、差し上げたいもの中身を参考にしてリーズナブルに住宅ローンを借りましょう。

 

そして、活用には要件が決められている事例がありますので細かいところまでは

 

各金融機構のホームページでご見定め下さい。

 

来店所見か電話所見でアマゾンギフト券1000円お渡ししたいもの

 

住宅ローン借り換えのコンサルティング、モゲチェックプラザのフリー来店見立てかフリー電話所見で

 

もれなくアマゾンギフト券1000円お渡ししたいもの

 

期間:2018年12月31日まで2018年版!

 

住宅ローンと付き合ううえで知っておくべき事

 

2017年は日銀によるマイナス利率施策が導入され、住宅ローンに大きなインパクトを与えました。

 

住宅ローン利息はその後「超低水準」のステータスを継続していますが、

 

今後はどんな推移が心積もりられるのでしょうか。

 

今後住宅ローンをこしらえる人も、すでに組んでいる人も、今後の住宅ローン動向は見過ごせないところです。

 

住宅ローンで考えもしなかった損や考え違いをしないためにも傾向や今後の動きはちゃんと理解しておきたいです。

 

2018年以降の住宅ローン利息は初めに2017年12月目下の住宅ローン利息を何個か見てみましょう。

 

【利息例】

 

変化利息全期間固定利息

 

みずほ銀行(インターネット専門含む)0.600%1.205%(35年間固定)

 

楽天銀行0.517%1.34%(35年間固定)

 

イオン銀行0.57%0.69%(10年固定)返送利率は05〜0.6%前後、固定利率でも1.3%台となっています。

 

メガバンク・インターネット銀行・スーパー資本系銀行、一通り「超低水準」といっていいでしょう。

 

2018年の見通しは横ばい、もしくは微上昇?!

 

2017年の住宅ローン利率は、1月末のマイナス利息施策公表のあと、8月頃まで微減を続け、

 

そのあとは少々の反発を含みながらもおおむね横ばいで推移していました。

 

これ以上の低利息を求めるのは面倒に、原則として「よくて横ばい」といえます。

 

利率上昇の見込みは如何にでしょうか?俗に利息が上がるためには景気が良くなる不可欠があるため、

 

体感として現況ではいきなり利率が上昇する確率はなさそうです。

 

とはいっても、以前からずっと続く「超低水準」の住宅ローン利息に銀行や住宅ローン専門金融機構が

 

耐え切れず利率を上げる、という見込みはあります。

 

今後住宅ローンをこしらえる人や、返金中の人で移り変わり利率を選択している人は、

 

微上昇は決心しておくと心配無用です。

 

金融組織にとっては、低利率の限界か?その実、低利率の続く現在、銀行にとって

 

住宅ローンは採算性の低いアイテムとなっています。

 

それにより、みずほ銀行では地方での住宅ローンの取り扱い打ち切りを公表したほか、

 

三菱UFJ信託銀行でも2018年4月より住宅ローンビジネスの新規融資をやめるとしています。

 

採算性が悪いと、金融機構は仮倒れ危険性を許容奥行きが小さくなり、査定が厳しくなります。

 

今後は査定の結果により、償還がシビアと見込まれるケースは適用利率が高くなる事も増えると心積もりられます。

 

ホームページや店頭で低水準の利率が提示されていても、それが自身に当てはまるとは

 

限定しないので配慮が必須です。

 

さらに、銀行業界では統合・再編の波も進んでいます。

 

今後住宅ローンをこしらえるという人は特に、業界自体の動向にも注意しておきましょう。

 

多様化が進む住宅ローン住宅ローンのアイテム性も肝心です。

 

特に最近は金融機構ごとの差別化が進んでいるので、自らに適した住宅ローンを選択したいです。

 

住宅ローンにペーパーレス化の波が以前は住宅ローンというと、お店に行き解説を受けるのがスタンダードでした。

 

申込み手順も対面、かつ書面で行うのが一般的でしたが、最近はインターネットやマイナンバーカードを

 

使用したペーパーレス化の波が進んでいます。

 

ペーパーレス化の良い面を3つご解説します。

 

住宅ローン使用者の利便性向上インターネット上での住宅ローンの申込み手順が進めば、

 

平日に有給休暇を取得する必須がなくなる、発送に必要になる時の削減など、

 

使用者(熟慮者)の利便性が向上します

 

書面レスにする事で、諸経費の和らげるにつながる例を挙げると契約書が要らないになれば、

 

契約書に必須な印紙税も要らないになり、諸経費の負担が和らげるします

 

金融組織側の経費削減インターネットを応用したペーパーレス化ならば、

 

対面での応対が減る分人件費の削減につながります。

 

これらの長所がありますが、悪いところもあります。

 

それは、対面話し合い・エントリーと異なる点きめ細やかな扱ってが望みにくい事です。

 

インターネット電話や会話での受け応えで不便を感じる事もあるかもしれません。

 

スムーズにやり取りするためにも、前もってに自身で情報を集めたり、質問を落着するために

 

知識をつけるようにしていきましょう。

 

団信の良いところを見極めようこれまで、結婚や子供の世話などのライフスタイルイベントが集中する

 

30歳代がホーム調達の主力でした。

 

目下でもその流れは変わっていませんが、ここの所は40歳代での住まい調達が増加しています。

 

住処金融支援機構の『2016年度フラット35使用者質問』によると、30歳代・40代のハウス購買の

 

比率は以下のように増加しています。

 

【邸宅買い物者概要のうち30歳代・40歳代の満たすレート】

 

30歳代40歳代2006年59.8%18.6%2011年52.1%21.6%2016年44.5%24.6%

 

邸宅金融支援機構の『2016年度フラット35活用者チェック』より筆者成形

 

30歳代の住居購買層が減り、その分上の世代の家屋ショッピングが増加しています。

 

ショッピング年齢が上昇すると、健康の心もとないも大きくなり、団体信用生命保険

 

(以下:団信)の不可欠性が増します。

 

団信の役割とは

 

団信とは、住宅ローンに特化した生命保険です。

 

住宅ローンの返金半ばで世帯主である貸付金契約者が死亡した事例に、団信生命保険に

 

参加していれば住宅ローン残高の死亡保険金が受け取れる、というものでした。

 

けれども現在ではガン特約や特定の病にかかった事例も保障する場合が多々あるです。

 

団信のアイテムバリエーションはどんどん豊富になり、目下では生命保険だけでなく

 

医療・看護・収入保障など、多様な保険働きを準備たものが数多く登場しています。

 

とはいっても、団信の保障を手厚くする特約は、利率0.2%程度の上乗せが必須です。

 

世帯の心もとない要素に当てはめてうまく採りいれましょう。

 

住宅ローンとうまく付き合うには?

 

住宅ローンの利率がこれ以上下がる確率は低いです。

 

申込み手順や団信についての見る目を養って、より長所のある住宅ローンを選択したいです。

 

最後に住宅ローン選択しのキーポイントをご解説します。

 

今後住宅ローンを借りるなら利率は諸出費も含めて思い描く住宅ローンを借りる事例は、

 

月次償還額に直結する利息に目を奪われがちですが、諸経費も含めた総額で考慮します。

 

住宅ローン借入時は、本体プライスが大きいため、諸経費の額が相対的に少額に感じてしまう事もあります。

 

ただし、総額で数万円〜十数万円にのぼる諸経費は、決して安い代金ではないのです。

 

利息以外のコストにも着目しましょう。

 

心もとないに組み合わせた団信をうまく応用する事団信は、世帯ごとに適したものがあります。

 

例を挙げると、共働きで家族どっちが病になっても返金の負担が重いようならば、団信保険料(利率)が

 

割高になっても夫妻で団信に参加しておくべきです。

 

反対に、十分な生命保険に参加しているので団信の不可欠性が低い世帯であれば、

 

団信は省コスト化してもいいでしょう。

 

世帯の危険性に沿った団信を選択しましょう。

 

住宅ローン返金中の人は借換も積極的に見定めしよう

 

利率水準が目下よりも高い住宅ローンを返金中の人であれば、

 

住宅ローンの借り換えを見定めしてみては。

 

健康上の訳から団信に参加できないと事例は、団信の参加前提が緩和された

 

住宅ローンを選定するメソッドもあります。

 

引受け前提が緩和された団信は少々利息上乗せ率が高くなりますが、その一方で長所が

 

あるならば見定めの余地があります。

 

仮に利息が0.5%違うと総償還額はどの位違ってくるのでしょう。

 

【前提:借入額3000万円 返金期間 35年】

 

利息0.8%のケース 

 

約3441万円利率1.3%の事例 約3736万円差額は約295万円になりました。

 

諸経費や、時によっては団信の利息上乗せを含めても、償還負担が減る世帯も多々あるはずです。

 

実のところに試算して損得を見極めます。

 

今後の収支の移り変わりを見定め予想以上に厄介なのは、今後の見通しを思い描く事です。

 

「次第に息子の養育費が増大し、住宅ローンの負担が重くなってきた……。

 

けども、何故いいのかすっきりしない」という人は多々あるです。

 

住処費と養育費の負担が重いならば、繰上返金で月次償還額を食い止める。

 

ボーナス返金の休止を借入先に話し合いするなどの対策があります。

 

価値があるなのは、返金が遅れる前に対策を打つ事です。

 

一度でも償還が遅れると、借入先からの信用が損なわれてしまうため、信用のあるうちに対策を

 

講じるか、借入先に折衝しましょう。

 

整理:ライフスタイル構想に沿った償還計画を

 

利率については、2017年現時点で「超低利率」様子で、

 

2018年も大きな移り変わりはないと見込まれます。

 

それにより、利率外の面の必須度が増してきます。

 

住宅ローンを選定する場合のアイテム性のほか、世帯の未来についても考慮したいです。

 

利率からの月次償還額ではなく、広い目で本人に適した住宅ローンを選択しましょう。

 

公式サイト⇒モゲチェック・プラザ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR

ホーム RSS購読 サイトマップ