モゲチェック

モゲチェック 審査

モゲチェック


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク


モゲチェック 審査

 モゲチェック 審査

 

日本になかった住宅ローンのサービス「モゲチェック」

 

造作なくな情報入力で、クレジット査定の“合格率”を推測!

 

「生涯で最高高い調達は?」と聞かれたら、解答の“筆頭”に挙がるのは「住居・不動産」ではないだろうか。

 

だからこそ、住宅ローンをこしらえるときはなるべく利息を低く抑えたいのが本心だ。

 

けれども、住宅ローン選択しは手っ取り早くではない。

 

どの金融組織の利率がお薦め低いか対比するのも容易にはいかないし、何より「クレジット査定に通るか」は

 

金融組織に申し込んで、結果が出るまで飲み込めない。

 

本気に書類をセットても「あっさり落ちた」なんて時もある。

 

そのような中、住宅ローンにおいて画期的なフィンテックが登場した。

 

オンライン住宅ローンマッチングサービスの「モゲチェック」だ。

 

特筆やりたい性能は2つある。

 

ひとつは、140に及ぶ全国の金融機構の住宅ローンを対比し、利息及び融資手数料を踏まえて

 

総返金額を順位するパフォーマンス。

 

もうひとつは、その人が融資を受けられる確率を金融組織ごとに示す「推定融資確率の算出」だ。

 

これらをオンラインで即座に見る事が可能な。

 

年収や職種/業種など、造作なくな個人情報を11項目入れた上で、「4000万円の貸付金を35年で借りる」

 

などの前提を入れる。

 

すると、総償還額の低い順に順位が表示されたり、「○○銀行:80%」など、

 

貸付金査定に通る推定融資確率が表示されたりする。

 

これを見て、大まかな返金額や「融資を受けられそうな金融組織がどれだけあるか」を印象可能な。

 

「住宅ローンの対比は手に負えなく、深く解釈しないまま契約する時や、さらに償還額を少なく可能なのに

 

途中で借り換えない場合を多々見てきました。

 

加えて、金融機構がどういった水準で貸し出し査定を行っているかは公開されておらず、ユーザーが他人と

 

査定結果を共有する事も少ないので、査定に通るか如何にかの判断基準もないのですでした。

 

それらを解決すべく作ったのがモゲチェックです」そう話すのは、このサービスを供給するMFS代表の中山田明氏。

 

住宅ローン業界に携わってきた彼は、外国には住宅ローンのスペシャリストがおり、金融組織や不動産専門家

 

とは別に利息が低い貸付金の新規借金や借り換えの解説をする姿を見てきた。

 

一方、日本にはその立ち位置の人がいない事を質問に感じたという。

 

そんな訳で、最適な貸付金探しを補助するオンラインサービスを腹積もりたそうだ。

 

なぜ推定融資確率を出せるのか。

 

裏にあるデータ対比のカラクリ見過ごせないのは、順位や推定融資確率を数値化する体系だ。

 

前者は、各金融機構の出すクレジット情報を網羅する事で試算可能なという。

 

問題は後者。

 

金融機構が公開していない情報を、なぜ数値化可能なのか。

 

「そもそも弊社では、個人情報11項目から貸し出し査定のカギとなるユーザーの信用力を測る

 

『モゲスコア』を2017年1月に製作していました。

 

加えて、私たちは実のところにユーザーがクレジット契約を結ぶまでの媒介業務もしているので、

 

その中でモゲスコアと各金融組織の査定結果を対比。

 

データをためつつ、金融組織ごとの査定性質を分析して数値化しました」モゲチェックは、オンラインで総償還額

 

や融資確率を調査しられるだけでなく、デフォルトエキスパートの折衝員に貸付金申請の作業を任せられる。

 

この中で各ユーザーの査定結果をため、反映していった。

 

断っておきますが一例だが、例を挙げると借入額4000万円、30年償還のクレジットで検索すると、

 

オンライン系の金融機構が70%以上の高い推定融資確率を示す。

 

ただし、5000万円以上に上げていくと、徐々にオンライン系が減っていく。

 

こういった性質を知る事が可能なのだ。

 

「貸し出し査定の中身は公開されていないため、一般の人たちは信用スコアを上げるテクニックが分からなかったり、

 

機知に富んだ貸し出し選択ができず、生涯設計に影響を及ぼしたりしてしまう場合があります。

 

そこを解決して、多くの人がフェアに貸し出しを借りられる世の中にやりたいですね」現在は、マイナス利息施策の

 

影響もあり、貸付金を借り換えると返金額が少なくなる時も滅多にない。

 

それにもかかわらず、査定の煩雑さやクレジット試算の理解いただけにくさで、借り換えをしない人が多々ある。

 

そこを「さらに促進していきたい」と中山田氏は言う。

 

その上今後は、モゲチェックをホームポータルサイトとリンクさせて、住居を探しつつ貸し出し情報を

 

見定め可能なような形も見据えている。

 

「平均寿命は延び、キャリアを退く年齢も上がるなど、シニアの生涯設計は今までと移ろいつつあります。

 

となると、住宅ローンのあり方もまさしく実際が大きな転換期。

 

その中で、私たちのサービスが皆様をバックアップ可能ならと考えます」ややこしく、簡単ではない印象の住宅ローン。

 

「居宅を買う」という大きな意思決定の前に立ちはだかる“モヤモヤ”を、モゲチェックというサービスが

 

やさしく落着していく。

 

公式サイト⇒公式サイト⇒モゲチェック・プラザ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ


モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR

ホーム RSS購読 サイトマップ