モゲチェック

WEDGE Infinity

モゲチェック


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク


「負動産」になる前に、高齢化社会を生き抜く住宅ローン借り換え法

「負動産」になる前に、

 

高齢化社会を生き抜く住宅ローン借り換え法

 

「退職金で住宅ローンの残債を一括償還したら、老後財源が心もとなくなってしまう」 

 

「自らの死後に住まいを売り渡しした場合に、担保割れで息子たちに

 

嫌がらせがかかってしまうのでは」 

 

一国一城のだいたいなる夢を抱き持ち家を調達したのは良いものの、

 

定年が近づくにつれて、財産であるはずの我が家が「不動産」ならぬ「負動産」に

 

なるかもしれないという悩ましいが出てくるものです。

 

不動産は所有しているだけで「固定財産税」や「管理コスト」、「火事保険料」

 

などが必要になるもの。

 

お金や相続に困ったケースに直ちにに売り渡しできない時もあります。

 

目下もしくは未来皆さんが感じるであろう、この一抹の心もとないを拭うメソッドは

 

あるのでしょうか?

 

住宅ローンファイナンスのアドバイザーとして、プロの目線から、採り上げるのは

 

『リバースモーゲージ』と呼ばれる月々の資金返金が要らないとなる60歳以上の

 

お年寄りのための住宅ローン借り換えメソッドをご解説します。

 

お金がもらえる住宅ローン? 

 

リバースモーゲージとは 

 

「月々の元金返金が無用となる住宅ローン」とは一体どんな事でしょうか? 

 

リバースモーゲージとは、「我が家を担保に金融機構より融資を受け、利率の金利分

 

ところのみを月々返金し、金融機構は本人の死亡後に我が家を売り渡しする事

 

により資金分を回収する」という融資決まりの事です。

 

存命中は我が家を売り渡しする事なくデフォルト暮らし続ける事が可能な事に加え、

 

我が家の査定額(土地担保長所の基本的に50%まで)を個人の采配で

 

月々に分割して融資金として金融機構より受け取る事ができます。

 

融資金の使いどころは本人におまかせですので、暮らし元金にあてたり老人住宅の

 

入居総額に使ったりと、自らの貯金と同じ感覚で使用する事が可能なというのも

 

大きなトレードマークです。

 

※金融機構によっては、使用使いどころが定められている時もあります。

 

ここでは62歳のAさんを例にあげて、リバースモーゲージのシミュレーションをご解説します。

 

Aさんには住宅ローン残高が1300万円ありました。

 

リバースモーゲージに申し込んだところ、金融機構からは我が家の査定額に伴って

 

1800万円のローン枠が設定されました。

 

Aさんはこの1800万円のうち、1300万円は目下の住宅ローン残債の一括返金にあてる事に、

 

残りの500万円は月々の利率分償還および毎日の暮らし元金にあてる事にしました。

 

月次の返金額も金利分ところのみとなったため、これまでの7万5224円から3万2624円と

 

ぐっと低減され財源的なゆとりが毎日の暮らしに生まれる事となりました。

 

その結果、Aさんは趣味だった旅行の回数を増やす事が可能なようなったのです。

 

不動産を担保に金融機構から融資を受けるシステムには他にも、

 

「不動産担保クレジット」というものがあります。

 

ただし、不動産担保貸し出しでは一括で融資を受けた後、月々の元金+利率分返金が

 

不可欠となる事や利率が4%前後と高い事より、リバースモーゲージに比較して

 

月々の返金額に負担がかかります。

 

存命中の元金返金が要らないなのは、リバースモーゲージだけなのです。

 

カード貸し出しよりもリーズナブル! 

 

我が家に暮らし続けたまま融資金を受け取る事が可能な事以外にも、

 

リバースモーゲージを使用する長所はあります。

 

例を挙げると、暮らし財源を得るためにリバースモーゲージではなく

 

カード貸付金を活用する事も心積もりられますが、カードクレジットの利率は5〜10%前後と

 

高く設定されているため、月々の金利分返金分が大きな負担となる事が考慮しられます。

 

一方、リバースモーゲージでは利率が2~3%前後に低く設定されているため、カード貸付金に

 

比較し月次返金額を押し止める事ができます。

 

リバースモーゲージに潜む悪いところ

 

 

以上のようにリバースモーゲージは住宅ローンのメリットがあるな借り換え技術で

 

あると言う事ができますが、併せて悪いところも影響します。

 

リバースモーゲージで借り換えを行えるする時には、以下の3点に配慮が不可欠です。

 

最初に1つ目は、年齢・対象物件に制限や要件がある事です。

 

リバースモーゲージは普通に60歳以上(部分金融組織は55歳以上)から活用ができるとなります。

 

なお対象物件も戸建てのみや地域に制限をかけている金融機構もあるため、前もっての

 

見極めが必須です。

 

巨大資本金融組織ではあまりないのですが、融資が確定した後でも我が家の評価は

 

決まった的に行われるため、我が家の評価額が下がると融資額が少なくなったり、

 

時によっては融資金を償還したりしなければいけなくなる金融機構もありますので用心が必須です。

 

2つ目は、利率の上昇により金利分が増える見込みがある事です。

 

リバースモーゲージは普通に移り変わり利息での貸付となるため、利率の上昇により

 

月次の返金額が増える確率があります。

 

とはいっても、2018年7月末に行われた日銀による金融施策判断会合では、

 

利息上昇の要因のひとつとなる年2%の物価の上昇がやり抜くできていない事より、

 

金融緩和方針を継続する姿勢が表明された事で、しばらくは利率が大きく上がる事はないでしょう。

 

しかも少子老年期化の影響や日本の人口減少などより国内景気が伸びていく要因に乏しく、

 

今後10年以内に移り変わり利率型の住宅ローンが実際より1%以上上昇する見込みは

 

大いに低いでしょう。

 

最後の3つ目は、該当する不動産は売り渡し前提であるという事です。

 

娘に不動産を残す必須がない事が必ず要件となります。

 

配偶者以外の誰かと同居している時は使用ができなかったり、法定相続人の同意を得ないと

 

いけないなどの煩雑な申込み手順を必須とする要件があります。

 

このところでは、相続人が相続物件の処分に困る事例も生じてしています。

 

自らの代で財産を総て清算しておくほうが良い事もあるでしょう。

 

「我が家の現金化」か「息子への財産」か、持ち家応用手法を決めるのは貴方次第 

 

リバースモーゲージについてご把握いただけたでしょうか? 

 

リバースモーゲージを活用すれば、「不動産」という財産を息子に残さずに処分する事ができます。

 

困ったら売り渡しすれば良いと心積もりていても、最近の日本は少子老年期化や人口減少が

 

進んでいる事から、わりと買い手がつかない時も滅多にないのです。

 

実のところに、日本の空き家率は東京など大都市圏の都市部でも12.1%。大都市圏以外の

 

郡部に至っては17.7%に上り、もうに売り渡しする事がいかに手を焼くかを示しています。

 

リバースモーゲージを使用するか否かについては、40代50代の早い段階から、

 

お子さんと未来について折衝する事をイチ押しいたします。

 

住宅ローンに追われないセカンド生活実現のごポイントにしていただければ嬉しいです。

 

公式サイト⇒モゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ


モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR

ホーム RSS購読 サイトマップ