モゲチェック

INVEST ONLINE

モゲチェック


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク


不動産投資ローン借り換え代行サービス、来店不要に

 不動産投資ローン借り換え代行サービス、来店不要に

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを供給する株式会社MFS

 

(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明、以下「MFS」)は、オンラインと電話による

 

非対面型の不動産出資貸し出し借り換え代理サービス「モゲチェック・プラザfor不動産出資貸付金」の

 

正式版を、2018年10月1日に新登場したと公表しました。

 

非対面型の不動産出資貸し出し借り換え代理サービスとは?

 

オンラインと電話で扱ってができるな非対面型借り換えサービスで、質問が生じた場合には、

 

随時オンライン上で質問ができるで、すきま時を活用してスマートフォンから質問する事が

 

可能なサービスとなっています。

 

不動産出資家屋の約半数はサラリーマンと言われています。

 

副業として不動産出資を行う人が多く、本業が多忙なサラリーマンは時と位置の制限があり、

 

融資の借り換え折衝は障壁が高いのが現況です。

 

その障壁をなくすサービスとして出荷されたのが、来店要らないで不動産出資クレジットの

 

借り換え可能な代理サービスです。

 

サービス使用料は金融への解説料ではなく、成功インセンティブ制

 

不動産出資貸し出しの借り換え代理サービスの活用料については、

 

金融機構からの解説料ではなく、借り換えが成立した時に利率削減額の10%(下限30万円/税別)を、

 

コンサルティング経費として、支払うサービスとなっています。

 

それ故金融機構から利益誘導を受けずに、不動産出資居宅にとって中立な立場で最適なクレジットを

 

解説する事ができるとの事です。

 

不動産出資貸付金借り換え代理サービスの背景

 

昨今の融資不正などの問題もあり、不動産出資住宅は自分が保有する

 

出資物件の収支再考の動きがあります。

 

その一環として、不動産出資貸し出しを借り換えようとする方が増大しているのです。

 

ただし、金融組織の査定規格や利息は俗に公開されておらず、出資家屋個人が

 

貸し出しの借り換えを行う事は平易とは言えない状況です。

 

上述の背景を踏まえ、MFSでは、金融機構出身のアドバイザーによる不動産出資クレジットの

 

借り換え代理サービスを開始し、不動産出資住宅に代わりクレジットの再考を実施するとしています。

 

来店要らないで不動産出資

 

住宅のクレジット借り換えが広がるか2018年6月1日に公表した

 

ベータ版(試用版)の来店要らないのオンライン・電話型での不動産出資クレジットの

 

借り換え代理サービスでは、公開3ヵ月で折衝件数150件を突破し、最大限借り換え良いところ額は

 

2000万円に達しているとの事です。

 

不動産出資クレジットの借り換えは、キャッシュフロー改善に有効な手段となります。

 

サービス活用料は成功お金制、来店も要らないとの事なので、借入金額が多々ある方や、

 

高い利息でのローンをされている方には良いところが大きいと思われます。

 

この機会にサービスの使用を吟味してみてはどうでしょうか。

 

公式サイト⇒モゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ


モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR

ホーム RSS購読 サイトマップ