モゲチェック

NIKKEI STYLE

モゲチェック


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク


変動型住宅ローン、「5年ルール」のリスクは要注意

 変動型住宅ローン、「5年ルール」のリスクは要注意

 

金利上昇時、利払い先送りで負担増

 

住宅ローンで変化型利率を選りすぐる人が増大しています。

 

利息水準が固定型に比較して低く、この先ももうには上がらないと一考する人が多々あるようです。

 

変化型のケース、利率が上がっても月次の返金額が突然は増加しない「5年ルール」と「125%ルール」を

 

もうける金融機構が目立ちます。

 

今のところの暮らし設計を立てやすい半面、これらのルールには危険性が伴う点に要注意です。

 

5割超が移り変わり型を選択 

 

2017年度下期に住宅ローンを組んだ人のうち、変化型を選択してだレートは56.5%です

 

(邸宅金融支援機構の質問リサーチより)。

 

前年同期に比較して9見所増加し、過去最高になりました。

 

変化型クレジットの利率は、短期金融市場の利息をポイントに金融組織が決めます。

 

日銀のマイナス利率施策の導入後、短期利率がなお下がった結果、新規借入時の適用利息は

 

巨大資本銀行の事例で0.7%前後となっています。

 

借金後の適用利息は半年に1度、見直すのがいつもです。

 

その事例に短期利率が上がっていれば適用利率は引き上げられ、その分、借り手が支払うべき

 

金利分が増大します。

 

しかし、「月9万円」などと借入時に決めた月次償還額がもうに増える事は普通ないのです。

 

金融組織の多くが、利息の高騰時に延滞が生じてするのを防ごうと、5年ルールを採っているためです。

 

これは、仮に途中で適用利率を引き上げたとしても、5年間は月次返金額を変更しないという

 

契約上の決まりです(元利均等返金のケース)。

 

5年ごとに返金額を見直すとき、それまでの1.25倍までしか月次償還額を上げないという125%ルールもあります。

 

月次返金額が増加しないといっても、利払いの負担増を免れるわけではないのです。

 

 一例を挙げれば3000万円を移り変わり型0.625%、期間30年で借りたとしましょう。

 

月次償還額は約9万1300円です。

 

このうち7万6000円(2カ月目)は元手の償還に回りますが、残りの1万5300円(同)は金利分の決済に充てられます。

 

 仮に半年後、適用利率が3.7%に引き上げられたとします。

 

極端な例ですが、この事例、支払うべき金利分は約9万1500円に膨らみ、月次償還額さえ上回ってしまいます。

 

丸々が金利分の入金に充てられ、その一方でなお、未払いの金利分が残ります。

 

元手は1円も減らず、償還が後ろにずれ込んでいきます。

 

ルール、導入していない銀行も

 

125%ルールの範囲内で返金額を増やしたり適用利率が下がったりすると未払い利率分は

 

落着する事もあります。

 

決着できなければ、最終償還時に別途整理て支払う見込みもあります。

 

ルールはすべての金融機構が採っているわけではないのです。

 

例を挙げると新生銀行やソニー銀行は、利息上昇時の影響に活用者が気付きにくい

 

などとして現時点で、導入していません。

 

変化型貸し出しは、途中で適用利率が変わった事例に

 

元本の償還ペースが如何になるかを理解する事が欠かせません。

 

住宅ローンのコンサルティング企業、MFS(東京・千代田)社長の中山田明さんは「金融組織が

 

半年ごとに送付する返金予定表などで見定めするとよい」と助言します。

 

償還が思ったより進んでいなければ、「(元手を前倒しで返す)繰り上げ償還をするのが一案」と勧めています。

 

公式サイト⇒モゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ


モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR

ホーム RSS購読 サイトマップ